職場の人間関係を改善する方法 ⑥(スタッフから改善方法を取り入れる)

前回は「働きやすい介護事業所の見分け方」についてお話しをしました。

 

今回は、「職場の人間関係改善シリーズ」第3弾

「職場の改善方法をスタッフからどんどん取り入れる」

についてお話したいと思います。

 

これまで「職場の人間関係改善方法」として、

 ① 経営者のモラルを改め、経営者自らが率先して職場改善に努める

 ② 経営理念を作成し、スタッフに浸透させる

についてお話させていただきました。

 

会社は経営者の人間性や考え方に非常に左右されるものです。従って、職場

の改善を本当に実施したいのであれば、まずは経営者の方の介護の仕事に

対するモラルをもう一度見直さなければいけません。

 

そして、介護の仕事に対するモラルとして一番重要な

 ① 利用者様に笑って過ごしてもらうための努力を全力で行うこと

 ② 職員同士助け合って仕事をしていくことで、チームワークを高め、より

   良いサービスを提供していくこと

を経営理念(会社で一番大事な考え方)として掲げ、スタッフに浸透させること

も職場改善には欠かせません。

 

では、上記の経営理念の①②を実現するための具体的な方法、つまり、

 ① 利用者様に毎日笑って過ごして貰うためには具体的にどうすればいいか?

 ② 職員同士助け合って仕事をしていくためには具体的にどうすればいいか?

をどのように実行していけばいいのでしょうか?

 

答えを申し上げると、

「スタッフからどんどん提案してもらって、その1つ1つを実行していく」ことで

す。

 

これは、既に多くの事業所が実践されていると思います。

 

ただし、提案してもらう内容は、

 ① 利用者様に今以上に楽しく快適に過ごしていただくためには?

 ② 職員同士助け合って仕事を分担して行うには?

という内容に絞ってスタッフから案を出してもらいます。

 

そして、出た案で面白そうなものは、できるだけ「やってみる!」ことが重要です。

提案しても否定されたり、却下されたりするとそのスタッフは次から提案してくれ

なくなります。

 

「利用者様を不快にさせない、危険な目に合わせない」ことであればどんどん実行

していくべきだと私は思っています。

 

時には、「お金がかかること」も提案されるかもしれませんが、「お金がかかる

からダメ」とばっさり切る捨てるのではなく、どうすればお金を抑えて実行できるか

を考えてできるだけ実行してみることが重要です。

 

「スタッフからどんどん提案してもらって、その1つ1つを実行していく」ことの

メリットは3つあります。

 ① スタッフに当事者意識が芽生える

 ② 「どうやって利用者様を喜ばせようか?」という意識が芽生えて仕事が楽しく

   なる

 ③ 経営者一人では思いつかないことも提案してくれる

 

管理者や上司から言われたことをただ行っていくだけではなく、自分の提案したこと

を実施していくことになるので、「やらされている」「させられている」という

意識から「自分も事業運営に関わっている」という意識が芽生えていきます。

 

また、良い介護スタッフは「利用者様にできるだけ楽しんでもらいたい」と思って

いるので、それが自分の提案で実現していくなると、どんどん介護の仕事が楽しく

なっていきます。

 

そして、経営者一人が思いつく案というものには限りがありますが、スタッフから

いろいろ提案してもらえると、その提案から更に進んだものに発展するなど可能性

が広がります。

 

スタッフから意見を取り入れるタイミングは、「毎日のミーティング時」「月1

回の会議時」、そして、「月1回の個人面談時(スタッフと経営者が1対1で行う

面談)」などが良いでしょう。

 

「月1回の個人面談時」とは、私は、職場の人間関係が改善され離職率が年間10

%を下回るまでは、毎月、経営者と各スタッフとの個人面談を実施するべきだと思

っています(10%を下回っても、3ヶ月に1回は必ず実施。新入スタッフは入社

1年間は毎月個人面談を実施)。

 

時間は1人10分程度で結構です。

 

面談時に聞くことは、

 ① 仕事は楽しいか?

 ② 何か困ったことはないか?

 ③ 職場改善でここを改善した方が良いということは何かないか?

ぐらいでしょうか。

 

職場の人間関係が良くない介護事業所では、新人スタッフや大人しいスタッフは

会議時に意見を言うことが難しいものです。

 

そこで、毎月1回個人面談を行うことにより、それらのスタッフの意見を聴き、

現在の事業所の実態の把握や、そのスタッフの現状把握を行うことで、問題点を

明らかにし、対策を講じることができます。

 

実際、個人面談で、事業所内の利用者様への虐待が発覚し対処できた介護事業

所もあります。

 

ということで、職場の人間関係を改善するためにも、「経営理念を実現するための

スタッフからの職場改善の提案」はどんどん取り入れてみて下さい!

 

 

(資料)
公益財団法人 「平成29年度 介護労働実態調査結果について」
http://www.kaigo-center.or.jp/report/pdf/h29_chousa_kekka.pdf